炭酸パックの歴史

炭酸パックは歴史的にみても古くから利用されてきた美容法です。
炭酸ガスの美容効果は中世のヨーロッパでも注目されていて、お湯の中に炭酸が含まれている炭酸泉を利用することで、毛細血管にいたるまで肌の血行を促し、栄養分をすみずみまで運ぶといった働きが期待できます。
また成分が弱酸性であるため肌に対してやさしく、自己免疫力を高めるといった作用があります。

 

温泉という形で慣れ親しんできた炭酸水が炭酸パックとして開発されたのは、皮膚科医が床ずれに苦しむ患者のために二酸化炭素をジェル状にして患部に塗布したことが始まりといわれています。
治療を続けることで床ずれの症状も回復してきたことから、炭酸パックは美容に効果的であると分かりました。
炭酸を利用した美容法は開発当初は一般的なものではなく、美容研究家やエステサロンなどの限られた範囲で利用されていました。
しかし利用者の口コミなどで炭酸パックの効果が広まったことと、自宅でも手軽にケアができるようなアイテムが次々に開発されてきたため、現在では炭酸パックは美肌や美白に役立つ、引き締め効果の高いケアアイテムとして人気を集めています。
種類も豊富になり、じっくりお手入れができるジェルタイプから、手軽に炭酸効果が実感できるローションタイプなど、好みや肌の状態に合わせて選ぶことができます。

炭酸パックの歴史関連ページ

炭酸パック・ジェルパックの効果
炭酸パック・ジェルパックの効果
エステサロンと自宅でのパック比較
エステサロンと自宅でのパック比較
ニキビ跡に炭酸パック
ニキビ跡に炭酸パック
炭酸パックの使い方について
炭酸パックの使い方について
自分で出来る炭酸パックの作り方
自分で出来る炭酸パックの作り方
炭酸パックを使うタイミングについて
炭酸パックを使うタイミングについて
炭酸パックの炭酸濃度について
炭酸パックの炭酸濃度について
炭酸パックはパッチテスト
炭酸パックはパッチテスト
炭酸パックとスキンケア商品の使い方
炭酸パックとスキンケア商品の使い方